製材→加工

仕上寸法より若干大きく製材し乾燥させておいた材料を製品に仕上げ加工する依頼を受けました。
木材は乾燥していく段階で狂いが生じる物なので仕上げる寸法より大きな状態で原木を製材します。
乾燥させると曲り、ねじれ、反りが起きるので、まず曲がりをとるため帯鋸で切断します。

「安全」と書かれているものが「帯鋸」

次に万能機の手押し鉋で片面を平らに削ります(板の場合平らな面と側面)

次に複数枚束ねて側面を削り、平らな面を一枚ずつ削り、最後に表面を薄く鉋掛けを行う超仕上げをし加工終了です。