端材差し上げます

製材したときに出る切れ端(端材=はざい)を無料で差し上げます。

切れ端

2016年10月28日 掲載分

製材するとどうしても端材がでます。それらは建材としては使用できません。
かといって、材質は柱、梁などの建材と同じです。(当たり前ですね。)

このような端材でも、使い方によっては十分に活用することができます。DIYにいいかもしれません。
端材の大きさ、長さは様々ですし、樹種もヒノキ、スギなどと様々です。

ご自身でお好みの端材を選んでお持ち帰りください。

以下を条件に、無料で差し上げます。

  • 弊社に直接取りに来ることができる方。
  • 運送業者による手配などのご依頼はご容赦ください。
    弊社は少人数で業を営んでおりますので、手配の手間をかけられません。
  • 取り置きはできません、早い者勝ちです!(笑)
  • その時々によって樹種、大きさ、長さなどが異なります。
  • 常に端材があるとは限りません。

日曜日、祝日はお休みさせていただいております。
営業日でも、出払っていることがあります。

2016年10月28日掲載

幅30~40cm、高さ50cm程度の端材がでました。
何かに使えそうです。何に使えるかはあなた次第!(筆者がアイデアが浮かばないだけだとの噂も・・)

大きな端材の下にある細かい端材でも、ご要望があれば好きなだけどうぞ。

切れ端、差し上げます 切れ端、差し上げます

 

下の写真のようなスギの天井板の端材を切って磨くとコースターになります。
塗装も何もしません。水滴などでシミができるかもしれませんが、簡単に作れることと木そのものの手触りがよいのでそのままとしました。

スギの天井板の端材

切って磨いただけのコースター超簡単コースター