ドアノブには注意

建具の交換の依頼を受けました。
握り玉のラッチが動かなくなり握り玉本体を交換しなければならない模様。
お客様ご自身で握り玉を外し扉を開けようと力技で行ったところ・・・。
現場に行くと握り玉の周りが切り取られた扉がついていました。

敬司「扉本体の交換になります・・・ね」
施主「だいな」 既存建具の採寸をし、建具色、レバーハンドル形状、色、鍵の有無、明り表示窓の位置を確認し、発注。
ラッチの入るところを少し削り直し戸当たりを交換し納まりました。

今回はトイレの外で扉が開かなくなってしまいましたが、これがもし中にいる時に壊れてしまったら…と考えると大変ですね。
かくいう私は閉じ込められたことがあります。
その時は外からラッチを切断して何とか脱出できました。

Follow me!