坪単価は参考程度に

あなたは大切なご自宅の建築を依頼する業者を選定する場合に、坪単価を基準にしていますか?
金額が選定理由にならないという方はほとんどいらっしゃらないでしょう。建築費用の計算をするには重要な情報と言えます。
しかし、坪単価だけを考えていると思わぬ出費がかさむことになる場合がありますので要注意です。

さて、新築を考えていらっしゃるあなたは予算を考えるときにまず「どの程度の広さ(坪数)の家にするか」を考えるのではないでしょうか。
例えば、子供部屋が2つ必要でリビング、寝室、キッチン、広めのお風呂、本棚付きのトイレ・・・n坪くらいかな。
坪単価x万円とすると合計y万円くらいか・・・という具合でしょうか。

さて、予算感を持ったあなたは自分の好みに合った家を建ててくれそうなハウスメーカーの坪単価を調べ以下のような表を作成しました。

業者坪単価備考
A社60万円/坪とてもシックで落ち着きのあるデザインが好印象。
でもちょっと高くて予算オーバーかも。
B社35万円/坪デザインは特に可もなく不可もなくといった感じ。
とにかく安い。このくらいであれば楽に返済できそう。
C社55万円/坪デザインや設備などの割には高いような気がする。

 

さて、あなたならどこの業者に依頼するでしょうか。

設備費用

坪単価や見積金額に設備費用が含まれているか確認する必要があります。
設備とは例えば以下のようなものを指します。
※以下のものに限定されません。ご注意ください。

  • 水道
  • ガス(都市ガス、プロパンガスなど)
  • 電気
  • 下水
  • 給湯設備
  • 空調設備(エアコン、換気扇など)

業者によっては、坪単価を低く見せるためにこれらの費用を含めていない場合もあるようです。

坪数が小さいと坪単価が上がる?

え!?と思いました?
でも事実なのです。予算オーバーを部屋を減らすなどして坪数を減らしたとしても、期待しているほどの効果はありません。坪数を3割減らしたとしても、総額はその通りには減らないのです。

家を住める状態にするためには、様々な設備が必要です。先に述べたものと重複しますが、電気、上下水道、エアコンなどの空調、キッチン、お風呂、トイレ等々の設備は家の大小に関係なく必要になります。また、これらの設備は総額に対して大きなウェイトを占めます。
したがって、坪数を多少少なくしたところで設備費用は原則変わらないため、逆に坪単価は上がります。
以下の例は分かりやすくするための極端な例です。実際の金額ではありません。

 50坪の家25坪の家
建築費用
(設備費除く)
2,000万円1,000万円
設備費500万円500万円
総額2,500万円1,500万円
坪単価50万円/坪60万円/坪

建ぺい率、設備が同じ場合、二階建てより平屋の方が坪単価は高くなるのです。

家は住むためのもの

当たり前でしょ!とお叱りをうけそうです。
しかし、せっかく苦労して資金計画や間取りなどを決めたのに、水道などの設備は別料金・・となったらいかがでしょう。

しつこいようで恐縮ですが、家は住むために建てるものです。
住むために必要な水道、上下水道などの設備も含めた「住める状態」で坪単価を考える必要があるのです。

弊社では、照明器具、カーテンを除き、設備を含めてお客様とお話をすすめさせていただいています。
もちろん、照明器具、カーテンを含めることも可能です。お客様のお好みが十人十色であることなどがあるため、2点を除いています。

坪単価で依頼先を選定する場合

坪単価によって依頼先を選定する場合には、以下のことに気を付けてください。

設備費用は含まれていますか?

先ほどからしつこいようですが、上下水道、電気、お風呂、給湯、トイレ、エアコンなどの設備の費用は含まれていますか?

特に上下水道などは、色々と手続きや費用負担が発生します。

設備の名称や総称ではなく「品番」が明記されていますか?

例えばトイレ。数万円のものからン十万円の高機能なものまで色々とあります。
どの商品か特定されていますか?

自動車を購入するケースに置き換えて考えてみます。
欲しかった自動車がキャンペーンで安く買えそうであったとします。あなたはカーナビを付けた場合の見積を依頼した結果、カーナビの見積項目について「カーナビ」とのみ書かれている場合と「〇〇社製 XX-12345」のように商品が特定されている見積とどちらが間違いないと思いますか?