製材機

もうかなり使い込んでいますが、和喜産業には製材機というものがあります。
最近では製材機がある建築企業も少なくなりました。

和喜産業の製材機
和喜産業が所有する製材機(台車側)

わかりにくいかもしれませんが、写真の右下から写真中央に木材と平行に伸びている部分に写っている木材のように木を乗せ、レール上を写真奥側に移動します。
(画像をクリックするともう少し大きな画像が表示されます。)

移動する先には、大きなノコギリ(帯鋸→オビノコ)が上下の車によって高速回転しています。わかりにくいかもしれませんが、上の写真で見ると左上のカサの持ち手の部分のように見える所が回転部分です。

seizaiki-02

乗っている木材は違いますが、こちらの写真が先ほどの写真と逆から撮ったものです。
(画像をクリックするともう少し大きな画像が表示されます。)

写真中央付近に反射して光っているように見える部分が帯鋸で、上から下に高速で流れています。音もすごく大きいです。
台車が写真奥から手前側に移動します。台車に乗っている木も一緒に移動し、このような太い木でも十秒程度で切ることができます。(切ることを専門用語で「ひく」と言います。)