原木を仕入れる

原木は、群馬県や埼玉県にある原木市場に出向き、自分の目で確かめて仕入れます。原木はその名の通り伐採されて枝が切り落とされただけの状態のものです。
多く仕入れるのは防腐効果が高いスギ、ヒノキです。その他にも色々な樹種を仕入れます。

年輪、樹皮、幹などを見て、その木がどのような場所で生育したのか、枝切、間引きなどの手入れがどの時期にされたのかがわかります。

会長がよく口にします。
「この木は育ちが良い(悪い)。」
「苦労した木は良い木材になる。」 etc…

仕入れた原木
仕入れた原木(スギ、ヒノキ)

原木市場で競り落とした原木は、原木を掴むことができるアームが装備されている特殊なトラックで搬入されます。

原木の搬入
原木を鷲掴みして下ろします。

積み上げられた原木は、製材機にかけるまでそのまま自然乾燥させます。
自然乾燥といっても積み上げている場所は屋根がない露天です。当然雨が降れば濡れます。
そうして雨風にあてることによって、余計な成分を抜く目的もあります。

仕入れた原木
仕入れたスギ、ヒノキの原木